新星社西川印刷(株)

特徴

UVと高精細の融合

高精細によりロゼッタ模様やジャギ・モアレといった、質感表現に邪魔な要素がほとんど解消されたり、平網が粒状感のないより特色に近い表現や細かい文字や細かい白ヌキ文字の可読性の優位さはもちろんのこと、加えてUV印刷の持つピュア抜け感を高精細印刷にいかんなく発揮させ、今まで困難とされたいた独特な色合いも表現できます。

厚紙から薄紙まで対応

RYOBI MHIの菊全ecoUV印刷機。刷りにくい薄紙の0.04mmから、油性インクでは困難な0.5mmまでこの1台で対応します。

CIP-3に依るカラーマネージメント

メーカーとのコラボで実現させた、弊社独自の管理システムCIP-3により、通常線数から高精細まで高度に濃度管理されたCTP出力が可能です。

RBG入稿による用紙別プロファイルの確立

本機で印刷された各用紙の専用チャートから、各々のプロファイルを作成。そのプロファイルを使用する事により、RGBの豊富な色情報をそのままに、インキ濃度やバランスなど、各用紙にプリントする際の最適なものとなります。 特に、通常潰れたり濁ったりと思われがちで扱いにくい特殊紙において、グロス紙と変わらない表現豊かな美しい再現が可能です。

画像調整・加工技術の構築

アナログ製版を知り尽くした技能派オペレータが、従来のCMYK画像の加工のみならず、RGB画像でなければ出来ない彩度調整技能を確率させ、画像修正でもお客様のイメージを再現させます。